年頭所感

新年明けましておめでとうございます。 博愛病院は腎不全治療を通じて地域に貢献することを目指して、開院30周年を迎えています。そして本年は透析医療・病院の歴史とともに歩んで来た、30年の長期透析者が数多く誕生します。長期透…続きを読む

「らうんじ」No.21

博愛病院は腎不全治療を中心とした入院54床、同時透析92床の個人病院で、維持透析患は約250人に上ります。1997年に竣工した鉄骨造6階建ての建物は当然耐震化されていたので、阪神淡路大震災にも匹敵する強い揺れだったにもか…続きを読む

年頭所感

新年明けましておめでとうございます。 皆様それぞれにいろんな思いを胸に、新しい年を迎えられたこととお喜び申し上げます。 博愛病院は新年の誓いを”さらなる挑戦”とさせていただきます。 腎不全治療を柱…続きを読む

ワークショップ「透析療法における危機管理」

咋年に引き続き開催されたワークショップ「透析療法における危機管理」(司会:佐野伊川谷病院内藤秀宗氏、あかね会土谷総合病院川西秀樹氏)では、透析療法に伴う医療事故防止をテーマに4演題、災害対策をテーマに2演題の講演と討議が…続きを読む

涙と笑いの仲間たち

このエッセイは、2003年10月5日、朝日新聞 かたらい広場 にて掲載されました。 腎不全の人たちを支えて、開業30年になろうとしています。透析に通うというと、暗いイメージを想像されるでしょうがそんなことはありません。 …続きを読む