第63回日本透析医学会学術集会・総会に参加

第63回日本透析医学会学術大会が6月29日、30日、7月1日の3日間、神戸市で開催されました。

透析に携わる医療従事者にとって、日本全国から一堂に会する年に一度のお祭りのような大会ですので、会場となったワールド記念ホール内はかなりの熱気に包まれました。

当クリニックからはポスターを3演題発表しました。

維持透析患者に対するレボカルニチン投与効果についての検討  高杉啓一郎
FutureNetWeb+の薬剤投与支援システム使用経験  藤井恵子
穿刺針と血液回路における接続力および接続保持力の検討   松下剛史
↑ クリックすると、別窓が開きます。

発表する高杉啓一郎院長

 

アリーナ会場いっぱいに配置されたポスターや、大掛かりな企業ブースなど、地方学会とは比べ物にならない盛況ぶりでした。