概要

 

クレア焼山クリニックは、新たな焼山の地域医療サポーターとして誕生しました

正面入口
正面入口

地域に密着しながら、30年にわたって透析医療を中心とした内科診療の実績を築いてきた博愛病院。クレア焼山クリニックは、その関連病院として誕生しました。

クレア(CLEAR):透明、明瞭な、浄化する

検査・治療内容を患者様にご理解、ご納得して頂くガラス張りの「透明、明瞭な」医療。また、透析(血液を「浄化する」治療)専門分野においては、最先端の設備と安心の体制で地域に貢献します。

わたしたち「クレア焼山クリニック」は、心の通い合うやさしい医療をめざします。

「心の時代」と言われ始めて久しい現代社会。地域医療の最前線にあるからこそ、通い合う心がもたらす癒しを提供できるよう、All in(オール・イン)の精神で、やさしい医療をめざします。

院内はすべてバリアフリー(段差の無い構造)で、お年寄りにもやさしい平屋建て。「いってらっしゃい。」ではなく、「おかえりなさい。」の声が聞こえてくるような、懐かしい日本家屋のイメージです。

同時に、国際化する地域医療のニーズに応え、LDSカンファレンス等での長年に渡る同時通訳(英語)のボランティア経験を活かし、英語圏の患者さんにも母国語で対応します。

安心・安全で質の高い医療を提供します

医療の世界は日々飛躍的な進歩を遂げています。各種関連学会が提供する最新情報を取り入れながら、「EBM=根拠のある医療」を実践することで安心と安全を確保し、時代の要求に応えます。また、呉共済病院、国立病院機構呉医療センター、広島大学病院などの基幹病院との連携により、必要に応じて高度医療への橋渡しをします。

患者さんのプライバシーを守り、権利を尊重します。

個人情報の保護は医療の基本原則。当院では、各社との連携によりハード、ソフト面の強固なセキュリティを実現しました。また、一般外来と透析外来を窓口からセパレートし、待ち合いロビーも別々に設けることでゆったりとした「個の空間」を確保しています。

一般外来受付
一般外来受付
人工透析受付
人工透析受付

 

 

一般外来待合ロビー
一般外来待合ロビー
人工透析待合ロビー
人工透析待合ロビー

人工透析室

質の良い透析に欠かせないのがきれいな水。自然豊かな立地条件を生かした地下水を使用しています。

透析液供給装置
透析液供給装置

RO03

 

 

 

 

 

免震装置
免震装置

透析クリニックの心臓部「透析液供給装置」を地震の揺れから守る「免責システム」。芸予地震から得た教訓が随所に生かされています。

 

 

 

 

 

透析室
透析室
透析監視装置
透析監視装置


 

 

 


 

 

修正TR3000MA
TR3000MA

各ベッドに配置されている監視装置にも災害対策を講じました。地震の揺れをキャスターに取り付けたセンサーが感知し、安全装置が作動します。

最新の医療機器を駆使した、確かな医療

yjimageEXO1TFWH
超音波診断装置は、音波の反射の強弱を電気信号に変換して画像を描き出すため、胎児の検査にも用いられる安全かつ苦痛を伴わない医療機器です。肝臓、胆のう、膵臓、腎、心臓領域の診断には欠かせません。当院ではカラードプラ搭載のフルデジタル超音波診断装置を採用しており、腫瘍の描出に優れ、動脈硬化を含む循環器疾患にも広く対応しています。

デジタルX線画像システム_
デジタルX線システム

デジタルX線装置19世紀の終りにX線が発見されて以来、飛躍的に進歩を続けているレントゲン撮影装置。当院ではフルデジタルの撮影、画像処理システムを採用しており、僅かな異常影も見逃しません。また、DICOM規格の画像ファイリングシステムにより、素早い画像検索が可能であると同時に、次世代の病診連携ネットワークにもいち早く対応しています。